【美容師SJのたわごと】

美容師 大阪市鶴見区で勤務
http://www.doigtdefee.com/avvio
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000157599/stylist/T000231853/

バンタンデザイン研究所高等部 講師
http://www.vantanhs.com/osaka/

プロフィール・自己PR・オーディション用等、ヘアメイク付き、特別価格で撮影依頼承ります(関西)〜50カットセレクト・修正あり、¥10,000-/
Instagram ID : shotaro_joho
facebook : https://www.facebook.com/shotaro.joho

口コミで評判のいいシャンプー&トリートメント

care12_ph


↓クリックお願いします



にほんブログ村


たまにお客さんと話をしていて話題になるのがシャンプー&トリートメント(以下長いのでシャントリと書きます)の選び方についてです



ネットや知り合いの口コミで評判のいいシャントリはホントに自分に合うのでしょうか?



答えは残念ながら  「分からない」  ですね^^;


なぜならあなたの髪質は他人と絶対違うからです!






例えばAさんが「これ、すごいスタイリングがしやすくなったよ」とあるシャントリをBさんにすすめたとします


Bさんがこれを使ってみるとなかなか思うようにスタイリングできません


なぜでしょう?


よくあるパターンとしては2人の髪質が全然違うからですね


 Aさん:硬毛で広がりやすい


 Bさん:軟毛でペタンとしやすい


そしてシャンプーはしっとり保湿をしっかりしてくれるタイプだったのでしょう


Aさんはしっとりまとまりやすい仕上がりが、Bさんは軽くふんわりした仕上がりのほうがスタイリングはしやすいのです



なのでシャントリは  自分の髪質に合わせて美容師と一緒に選ぶ


これがベストです





あとはシャントリの使い方ですが


シャンプーはしっかり泡立ててしっかり洗う、そしてしっかり流す


トリートメントは過度なコーティングはせず、手触りが悪くならないぐらいでしっかり流す


どちらもしっかり流す がポイントになります






ブリーチしてるような、手触りがギシギシしやすい場合は、流さないトリートメントなどを併用してスタイリングしやすい状態にしてあげるのは大事だと思います


バサバサでお出かけはイヤですもんね(汗)


ですがミドルダメージ程度 (この辺の基準は僕の感覚なので伝えるのが難しいのですが普通のヘアカラーをトリートメントなしで2,3回程度でしょうか) ならば流さないトリートメントも必要以上につけなくても大丈夫でしょう


そのほうが乾くのも早いですし♪


髪の毛も肌と同じようにすっぴんに近い状態が僕はベストだと考えています


ファンデーションは1日1日落としますよね


そんな感覚でトリートメントも 「うすーくコーティングされた状態」 で、シャンプーで落とせる程度にしていただけると扱いやすくなると思います



ですが分厚いコーティングじゃだめなの?という疑問が出てくると思いますのでその辺を詳しく書いていこうと思います。


先ほど


髪の毛も肌と同じようにすっぴんに近い状態がベストだと考えています
ファンデーションは1日1日落としますよね


こんなことを書きました


ここでお風呂上りを想像してほしいのですが、爪は柔らかくありませんか?


指はふやけていませんか?


髪の毛も水分をたっぷり含んでいるはずです





ですが爪も皮膚も髪の毛も時間が立つと元の状態に戻ります


もともと水分を勝手に調節してくれるんですね





皮膚や爪、髪の毛はもともと何かを「守る」ためにありますから自然な状態が一番ベストなはずです


髪の毛も乾いてる状態、つまり


濡れてしまっても自然に水分が抜けた状態が一番丈夫になっています
※ここではハイダメージ毛などキューティクルが損傷している場合を除きます



ここで乾く前にお風呂の中や乾かす前にたっぷりトリートメントをつけて「分厚いコーティング」をするとこの水分調節はどうなっているのでしょう?


きっと潤いたっぷり・しっとりになっていますよね


乾かしたときはツルツルでツヤツヤできれいに見えます


それはいいことだと思います


ですがそのままにしておくと水分調節ができず髪の毛の内部は先ほどのふやけたような状態がドライヤーで乾かした後も続いています


結果、強度が不十分なままでダメージしやすい髪の毛になっています



 



どうでしたか?
トリートメントの使い方一つでも奥が深いです



本当は世の中の方全員に知っていただきたいのですがそれは到底不可能です



なので僕が担当させていただいた方、このブログを読んで頂いてる方にはぜひともこういった知識を身につけていただきみんなでいっしょにカワイク・キレイになりましょう


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。